【鬼滅の刃ネタバレ10巻 小説・中【漫画】遊郭編 宇随天元と上弦の陸との戦い あらすじストーリーを徹底解説!】

鬼滅の刃 遊郭編10巻 小説・中アイキャッチアニメ

宇随天元公式ヘッダー自由使用認可

宇随天元 上弦の陸との戦い 鬼滅の刃10巻 中

竈門炭治郎の危機に宇随は突然あらわれて堕姫に戦闘能力の違いを見せつけます。

そして堕姫の危機に妓夫太郎があらわれて吉原遊郭の最終決戦がはじまります。

吉原遊郭の戦い!音柱・宇随天元VS上弦の陸・妓夫太郎

宇随天元[音柱 宇随天元]
出典 鬼滅の刃公式

音柱・宇随天元と真の上弦の陸(ろく)・妓夫太郎の死闘が開戦した!

そして狂暴化した禰豆子を必死で助けようとする炭治郎。

頭脳戦も得意とする宇随天元は首を切り落としても死すことのない堕姫と妓夫太郎の倒し方を思いつく!

この場面の登場人物

宇随天元  鬼殺隊員 階級  柱【音柱】
【『音柱』とは『音』という剣技の流派と『柱』という鬼殺隊最高位の階級を示す】

竈門炭治郎(かまど たんじろう)鬼殺隊士[階級7位・庚(かのえ)]

竈門禰豆子 竈門炭治郎の妹であり鬼舞辻無惨に支配されない異端の鬼

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)鬼殺隊士[階級7位・庚(かのえ)]

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)鬼殺隊士[階級7位・庚(かのえ)]

妓夫太郎 上弦の陸(6)[堕姫の兄]

堕姫 上弦の陸(6)[妓夫太郎の妹]

ストーリー 吉原遊郭の決戦!音柱・宇随天元VS妓夫太郎

竈門炭治郎は凶悪な鬼になった竈門禰豆子が遊女に襲いかかるのを食い止めている最中に堕姫の襲来を受けてしまいます。

堕姫が帯をゆらめかせながら近づいてくるなか炭治郎はどうしていいか、わからないでいると突然 宇随天元があらわれます。

宇随は見えない速さで堕姫の首に日輪刀の一太刀をあびせると炭治郎と向かい合い不愉快な顔をします。

宇随「どういうことだ? 竈門禰豆子の鬼の症状が派手に進行している。ギャーギャーと、うるせえ、ここはまだ戦場だ。ガキは子守唄でも歌って寝かしつけろ」

宇随は炭治郎をしかりつける。

宇随は堕姫に話しかけられますが背を向けたまま相手にしません。

堕姫「アンタ、柱ね。出てきてくれてよかった。探すつもりだったから」

宇随「俺が探しているのはお前のような弱い鬼じゃねえ。上弦の鬼だ」

堕姫は自分の頭部が転げ落ちて宇随に首を斬られいていたことに気づく

堕姫[堕姫]
出典 鬼滅の刃公式

堕姫の首はすでに切断されていて動いたはずみに頭部が前に転がります。

堕姫は両手で自分の頭部を受け止めるとその場にへたりこみます。

禰豆子は炭治郎を振りほどこうとして飛び跳ねると窓を突き破って二階から落下してします。

炭治郎は背中から地面に激突しても禰豆子を離さず「禰豆子、落ち着け」と必死に語りかけます。

死んだ母の意識が凶悪化した禰豆子を救う

鬼滅 母イメージ1[天から届く亡き母の意識が禰豆子を抱きしめる イメージ]

炭治郎は暴れ続ける禰豆子をおさえながら、心の中で亡くなった母に語りかけます。

炭治郎(母さん。どうしたらいいの?)

炭治郎の心に母の姿があらわれます。
そして宇随の「子守唄をうたってやれ」という言葉を思い出して母親が歌っていたうたを歌いはじめると禰豆子はびっくりして目を見開くと暴れるのをやめます。

禰豆子は心のなかで母に抱きしめられていました。

うたを歌う楽しそうな母と手をつないで山道を歩く情景が禰豆子の心に浮かびます。

すごく楽しくて、母の歌い声も聞こえてきて、とても心地良くて禰豆子の目に涙があふれてきます。

禰豆子は大声で泣きはじめ、そして疲れ果てたように眠りにつき、体は鬼の状態から人間の子供に変化していきました。

堕姫の背中から妓夫太郎が分離してあらわれる

妓夫太郎[妓夫太郎]
出典 鬼滅の刃公式

決着がついたと思って立ち去ろうとする宇随を堕姫が呼び止めます。

堕姫は斬り落とされた自分の首を抱えてへたりこんだままぐずり泣きをはじめます。

堕姫「どこいくのよ! ふざけないで!! あたしの首を斬ったことも上弦じゃないって言ったことも許さない!」

宇随「おまえは上弦じゃない。弱すぎる。もう首を斬られたんだ」

堕姫「あたしは弱くない!! あたしは上弦の陸だ! 数字だって貰っている!」

堕姫は大声を上げて激しく泣きはじめます。

宇随は堕姫の様子を見て疑問を抱きます。

宇随(何故、死なない?)

日輪刀で首を斬り落とした鬼は体が崩れて死滅するはずなのに堕姫はいつまでも泣いてしゃべり続けます。

堕姫「首を斬られたよ、お兄ちゃん!!! 首を斬られた!!」

堕姫が助けを求めて泣き叫ぶとその背中からもう1体の鬼 妓夫太郎が分裂して出てきます。

妓夫太郎「ううん…」

宇随はその光景を見るとすかさず太刀を打ち込みますが斬撃はかわされて妓夫太郎は一瞬で堕姫を連れて部屋のすみに移動します。

妓夫太郎は堕姫の首を胴体をつなげてやると顔の火傷を手でぬぐってなぐさめます。

妓夫太郎「首ぐらい自分でつなげらるだろ? 顔は火傷か? 綺麗な顔なんだから気をつけろよ 」

日輪刀で斬った堕姫の首が胴とつながり、妓夫太郎は宇随に猛毒の斬撃を食らわす!

鬼滅 上弦の陸[妓夫太郎が猛毒の血液を鎌の刃ように投げ飛ばすイメージ]

宇随は堕姫の首がつながったのを見ておどろき、そして妓夫太郎の反射能力と俊敏さに上弦の鬼の力を感じます。

この2体の鬼を討ち取るにはこの2体の鬼だけの方法があると思い、その答えを探ろうとします。

宇随は堕姫によりそう妓夫太郎に迫ると太刀を振り下ろしますが妓夫太郎は振り向きながら斬撃をかわすと自分の猛毒の血で2つの鎌をつくりだし瞬間的に何度も斬撃を繰り出します。

宇随は妓夫太郎の血鎌の斬撃を日輪刀で受けますが防ぎきることができずにひきさくような斬撃を頭に3度も受けてしまいます。

ひたい飾りに亀裂が入り、切り傷からあふれ出した血が顔に流れ落ちてきます。

宇随と妓夫太郎が向き合ってにらみ合います。

妓夫太郎「殺す気で斬ったのにふせがれた、強いじゃないか。それに顔も良い。肌も綺麗で体格も良いし背も高い。ねたましいな、お前」

妓夫太郎は体中にたくさんの皮膚炎の斑点があって常にかゆそうにかきむしっています。

骨格はしっかりしていますが脂肪が削げ落ちたように極端にやせていて皮膚に骨が張り付き腹部は脊椎の形がわかるほど細くなっていて鎌を持つとカマキリのように見えます。

堕姫「たくさんいじめられたよ。あたしを燃やしたやつもいる。お兄ちゃん、みんな殺して!」

妓夫太郎「ああ。誰も許さねえよ。可愛い妹をいじめたんだ。みんな殺してやんなきゃな」

妓夫太郎は2本の血鎌を宇随に向かって投げつけます。

その頃 竈門炭治郎は我妻善逸(恐怖で爆睡中)と嘴平伊之助と再開する

嘴平伊之助[嘴平伊之助]
出典 鬼滅の刃公式

我妻善逸[恐怖に耐えられず眠りながら戦う我妻善逸]
出典 鬼滅の刃公式

竈門炭治郎[竈門炭治郎]
出典 鬼滅の刃公式

炭太郎は路上で眠っている竈門禰豆子を抱きかかえていると妓楼の2階から妓夫太郎の【必殺技・血鬼術】『飛び血鎌』(妓夫太郎の血液である猛毒が刃物のように物質化したもの)が建物を突き破って空中を飛んでいくと回転しながら再び建物のなかにもどっていくのを見る。

炭太郎は異能である嗅覚で戦場の状況を感じ取る。

炭治郎(いまのは鎌? 帯鬼とは違う鬼のにおいがする。宇随さんの血のにおいもする!早く合流して一緒に戦わないと!)

鼻ちょうちんをふくらませて爆睡する善逸と刀を振り上げた伊之助が炭治郎のもとに走ってくる。

伊之助「よろこべ! 俺が来たぞ! 」

善逸は眠ったまま突っ立っている。

炭治郎は伊之助との再会を喜ぶ。

炭治郎「伊之助!!」

炭治郎は善逸との再会も喜ぶつもりが…。

炭治郎「善逸‼…寝てるのか!!!!」

伊之助「俺に任せろ。派手に暴れてやる」

炭治郎「宇随さんの加勢を頼む。すまないが少し時間をくれ。俺は禰豆子を箱にもどしてから行く。」

伊之助「許す!」

炭太郎が禰豆子を抱きかかえて走っていく姿を伊之助と鼻ちょうちんをふくらませて眠っている善逸が見送る。

宇随天元は堕姫が日輪刀で首を斬り落としても死なない秘密を解き明かす!

宇随天元は自分の体を盾にして遊女と客をかばい日輪刀をかまえて妓夫太郎と向かい合っています。

建物の壁は妓夫太郎が投げ放った血鎌で壊れています。

妓夫太郎「そんなふうに他人を救うから人望もあるんだろうな。恰好良いよな、女にも好かれるんだろ?」

宇随は妓夫太郎の言葉に気をそらさず日輪刀で首を斬っても死なない秘密を解き明かします。

宇随(首を斬っても死なない秘密は分裂にあるんだろう? 戦闘能力の高さからいっても兄貴だと言うこいつが本体か。 兄貴の首を斬り落とせば妹も死ぬのか、いやちがう。分裂しているんだからどちらも本体だ。2体の首を同時に切り落とす、それがこいつらを討ち取る方法だ)

宇随は勝機を見出すと心理戦に持ち込みます。

宇随「俺は女にもてる、派手にな。嫁も3人いる」

妓夫太郎「ふざけるなよ、嫁が3人だと? ゆるさねえ」

妓夫太郎が怒って【必殺技・血鬼術】『飛び血鎌』を連続で発動するといくつもの猛毒の斬撃が宇随に迫っていきます。

宇随は火薬爆弾で床を爆破すると遊女と客を抱えて1階に飛び降りると逃げて身を隠せと伝えます。

遊女と客が逃げ去る前に飛び血鎌の斬撃が2階から追いかけてきます。

宇随が血鎌の斬撃を日輪刀ではじき飛ばすと2階の天井に向かって3個の火薬爆弾を放り投げます。
飛び跳ねると天井まぎわで火薬爆弾を斬りつけて起爆させると2階を爆破します。

2階が爆破の衝撃で吹き飛び 煙が舞い上がるなかで崩壊した建物の残骸と帯の玉が1階に落下してきます。

宇治「まあ、そんなに簡単じゃないか」

玉状に丸まった帯がほどけて中から妓夫太郎と堕姫が出てきます。

その頃 炭太郎は禰豆子を木箱に入れて宇随天元の加勢に向かっていく

竈門禰豆子(ねずこ)[竈門禰豆子(ねずこ)]
出典 鬼滅の刃公式

妓楼の屋根で眠っている竈門禰豆子を木箱に入れて扉を閉めると背中に背負って走り出す。

竈門炭治郎(まだやれる。次はちゃんと最後まで戦い抜く!)

その頃 屋外では善逸と伊之助は宇随天元の爆弾に驚いている

鼻ちょうちんをふくらませて眠っている我妻善逸と日輪刀を振り上げる嘴平伊之助は宇随天元が戦っている妓楼に近づいていくと突然建物が爆発して驚(おどろ)きます。

嘴平伊之助「おう!あぶねえ」

伊之助と恐怖で爆睡中の善逸が爆発に驚いて地面にふせます。

妓夫太郎とは?

妓夫太郎(ぎゅうたろう)は堕姫(だき)の兄です。

戦闘時に堕姫の体から分裂することで出現します。

上弦の陸(6)に昇格できたのは妓夫太郎の戦闘能力の高さが鬼舞辻無惨に認められたからであり堕姫の力は妓夫太郎には遠くおよびません。

妓夫太郎と堕姫は分離して別々になっても意識的にも肉体的にもつながっています。離れた場所にいても情報を共有し合い肉体もあやつることもできるのです。

妓夫太郎が堕姫を操(あやつ)り共同で戦うことで戦闘能力は飛躍的に高くなります。これが上弦の陸(6)である妓夫太郎と堕姫の本来の強さなのです。

堕姫と妓夫太郎を討ち取るには両方の首を同時に斬り落とさなくてはなりません。

飛び血鎌とは?【妓夫太郎・血鬼術】

妓夫太郎の血鬼術(必殺技)である『飛び血鎌』とは妓夫太郎の血液である猛毒を刃物のように物質化したもの。

物体に当たってはじけるまで妓夫太郎の意図するままに動き続ける。

飛び血鎌の斬撃を受けると猛毒におかされて急死する。

鬼滅の刃ネタバレ小説『鬼滅の刃 遊郭編・宇随天元』[9巻-11巻]の関連情報はこちらで紹介しています! ぜひ ご覧ください!

禰豆子が人に襲いかかる‼
禰豆子が人を食ったら炭次郎も冨岡義勇も鱗滝左近次も死んで詫(わ)びるという約束が…!
【鬼滅の刃ネタバレ10巻 小説・上【漫画】宇随天元と上弦の陸との戦い あらすじストーリーを徹底解説!】

吉原遊郭の仕組みや花魁のこと、そして遊郭用語についてはこちらで紹介しています!
【鬼滅の刃 遊郭編】吉原遊郭の仕組みについて!遊郭用語も徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました