【鬼滅の刃ネタバレ9巻 小説・中【漫画】遊郭編 宇随天元と上弦の陸との戦い あらすじストーリーを徹底解説!】

スポンサーリンク
宇随天元9巻中遊郭編
スポンサーリンク

宇随天元公式ヘッダー自由使用認可

スポンサーリンク

宇随天元 遊郭編 上弦の陸との戦い 鬼滅の刃 9巻 中

宇随天元・竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助が吉原遊郭に潜入する本編をくわしく解説します。

本編を見た方も見ていない方も楽しんで頂ける内容になっております。

宇随天元班編成完了!宇随隊長は任務に先立ち班員にしつけをする?

蝶屋敷を出発して間もなく町屋敷の通り道にて、宇随は鬼討伐隊の班長として・炭治郎・善逸・伊之助にしつけをする。

この場面の登場人物

宇随天元  鬼殺隊 階級 柱 【音柱】

竈門炭治郎 鬼殺隊員 階級 庚

我妻善逸 鬼殺隊員 階級 庚

嘴平伊之助 鬼殺隊員 階級 庚

ストーリー 宇随天元 任務に先立ち 鬼殺隊員にしつけをする?

蝶屋敷近くの町屋敷イメージ

蝶屋敷の近くの町屋敷の通り道。

宇随は鬼討伐班の隊長として・炭治郎・我妻善逸・伊之助に任務をおこなう心がまえを教えます。

宇随「大切なことを伝える! 俺は神でありお前らはゴミクズだ、何があっても俺の言うことがすべてだ、逆らうことはゆるさない! よくおぼえておけ、何度でも言うが俺は神だ!!」

善逸はあきれた顔で宇随を見る。

善逸     こいつはやべぇやつだ…    

炭治郎は宇随に真剣なまなざしを向ける。

炭治郎「宇随さんは何をつかさどる神なのですか?」

善逸はあきれた顔で炭治郎を見る。

善逸     何がよ!? 会話が成立すんの⁉ 丹次郎、お前はお前でまた種類のちがうやべぇやつだ…    

宇随は炭治郎の質問を聞くとほこらしげに腕を組んで胸をそらす。

宇随天元「良い質問だ。お前は優秀だな 」

善逸     何がよ!? アホがするお粗末な質問でしょ    

宇随「俺は派手をつかさどる神。つまり、祭りの神だ」

善逸     だから、何がよ!? あなたはアホの神でしょ。すべてのアホはあなたからから生まれてくるんでしょ    

伊之助は宇随の言葉に心から理解を示すと胸を張って宇随に歩み寄る。

伊之助「俺は山の王だ。よろしくな 祭りの神よ」

宇随は伊之助の好意に対して軽蔑の眼差しを向ける。

宇随「何を気持ちの悪いことを言っているんだ。お前は」

善逸     それはだめなの!? 伊之助が言ってるのは同じでしょ? 同類認めないとか何それ    

伊之助は猛然と異議を申し立てるが宇随は「キモイ」と言い放って突き放す。

これが吉原遊郭への旅の幕開けです…。

宇随天元の鬼討伐計画とは?

藤の花の家紋の家にて宇随は吉原遊郭においての鬼討伐計画を明らかにします。

藤の花の家紋の家とは?

藤の花の家紋の家イメージ

藤の花の家紋の家は鬼殺隊に鬼から先祖を守ってもらった一族であり全ての鬼殺隊員に出来る限りの支援を無償でおこなうことを約束している。

宇随天元  鬼殺隊員 階級 柱 【音柱】

竈門炭治郎 鬼殺隊員 階級 庚

我妻善逸 鬼殺隊員 階級 庚

嘴平伊之助 鬼殺隊員 階級 庚

ストーリー 宇随天元の鬼討伐計画とは?

宇随は炭治郎 善逸 伊之助に吉原遊郭の鬼討伐作戦の全容を伝える。

炭治郎、善逸、伊之助が妓楼に潜入して鬼の情報を探し出し宇随が即座に首を斬るというものです。
同時にとらわれた宇随の三人の嫁を救出するという強引な作戦でした。

任務の成功には団結力と高い士気が必要だが善逸は「嫁が三人もいるなんてゆるせねえ」と宇随に反抗して殴り飛ばされ気絶して、伊之助は嫁はもう殺されていると言って宇随を激怒させて殴り飛ばされ気絶します。

それを見て炭治郎は意気消沈する。

宇随天元率いる鬼討伐班 変装して吉原遊郭に潜入する

吉原遊郭は美しい遊女(ゆうじょ)の街で多くのひとでにぎわっています。

妓楼が立ち並ぶ通り道では大勢の見物客が人垣をつくり絢爛豪華(けんらんごうか)な花魁道中をながめています。   

きらびやかな着物に身を包み花魁道中をおこなうのは「ときと屋の」花形スターである鯉夏花魁です。

18cmの高下駄を履き介添えの男衆たちに支えられながら振袖新造の美女たちと禿(かむろ)のかわいい女の子たちを従えてゆったりとした外八文字の歩き方を披露しながら客からのご指名に答えて引手茶屋の酒宴の席まで出迎えにいくのです。

堕姫とは?

鬼滅 堕姫 蕨姫花魁イメージ 

妓楼京極屋 蕨姫花魁(わらびひめおいらん)として人に化けて吉原遊郭を支配している鬼です。

階級は上弦の陸なので非常に戦闘能力が高く堕姫で7人、兄 妓夫太郎で15人の柱を食べています。

兄、妓夫太郎は堕姫からの分裂体という二体で一身の特殊な生態であり一般的な鬼の倒し方では討ち取ることはできません。

堕姫の吉原遊郭への潜伏方法はとても巧妙でして10年ごとに やとわれ先の妓楼を変えるのです。

10年ごとに行方をくらましては容姿も年齢も名前も変えて別人の幼女になりすまし別の妓楼に買い上げてもらうので誰も堕姫の正体を見破ることはできませんでした。

そのようにして次から次に妓楼を渡り歩き人の記憶に残らないように遊郭を渡り歩きながら闇で吉原遊郭を支配しているのです。

堕姫は男が気を失うほどの美女でありながら性格はとても維持が悪く 幼い少女をいじめ殺し、美しい女性を狙ってむごたらしく食い殺すというとても残虐な鬼の本性をもっています。

鬼は人を食うことで戦闘能力を高めますが堕姫のやり方は極めて狡猾でいやらしく女性の心を踏みにじるのです。

この場面の登場人物

宇随天元  鬼殺隊 階級 柱【音柱】 女衒(ぜげん)に変装している。

竈門炭治郎 鬼殺隊員 階級 庚 炭子(すみこ)という名の女子に変装している。

我妻善逸 鬼殺隊員 階級 庚 善子(よしこ)という名の女子に変装している。

嘴平伊之助 鬼殺隊員 階級 庚 猪子(いのこ)という名の女子に変装している。

鯉夏花魁 妓楼ときと屋の花魁

妓楼ときと屋 楼主

妓楼ときと屋 内儀

妓楼荻本屋 槍手

妓楼京極屋 内儀

妓楼京極屋 槍手

妓楼京極屋 蕨姫花魁 堕姫

ストーリー 宇随天元率いる鬼討伐班 変装して吉原遊郭に潜入する

鬼滅 妓楼イメージ2

宇随天元は「地味だから不服だ」と言いながらも化粧を落とし髪を下ろすと容姿の整った美男子姿を披露すると涼やかな着物姿で女衒に変装しています。

竈門炭治郎は炭子(すみこ) 我妻善逸は善子(よしこ) 嘴平伊之助は猪子(いのこ)として身売りに出された女子に変装しています。

おしろいをつけて真っ白になった顔に赤く塗りたくられた頬と唇、公家のような眉毛をかいて髪を結い、とんでもなくぶさいくな顔になっています。

炭治郎は妓楼ときと屋、善逸は妓楼京極屋、伊之助は妓楼荻本屋にそれぞれ潜入することになりました。

伊之助は妓楼荻本屋の槍手に見込まれて買い取られましたが炭治郎と善逸は宇随が色仕掛けでとりこにした内儀や槍手に押し売りすることでようやく潜入することができたのです。

妓楼ときと屋に潜入した竈門炭治郎は?

竈門炭治郎は遊女の炭子として潜入している妓楼ときと屋で鯉夏花魁と禿たちから花魁に変装した須磨が不可解な失踪を遂げたことを告げられ不穏な鬼の動きを感じ取ります。

妓楼萩本屋に潜入した嘴平伊之助は?

嘴平伊之助が遊女の猪子として潜入している妓楼荻本屋では まきをが自分の部屋で堕姫の帯に巻きつかれて身動きがとれない状態でとらわれていました。

堕姫の帯は意識と目と口をもつ人食い怪物で堕鬼の意識とつながっている堕姫の一部です。

まきを は堕姫の悪事を手紙に書いていることを気付かれてしまい、いつわっていることの自白を迫られて痛めつけられていました。

伊之助の鋭いけものの感覚は堕姫が拷問しているのに気付いて まきをの部屋に入りますが堕姫の帯は姿を見られる前にまきを連れて天井裏に隠れますが伊之助は気配を追って追跡します。

堕姫の帯がまきをの体をかかえて天井裏を逃げていくのを伊之助は廊下を走って追いかけますが逃げきられてしまいます。

妓楼京極屋に潜入した我妻善逸は?

我妻善逸が遊女の善子として潜入している妓楼京極屋では蕨姫花魁である堕姫の部屋で禿が泣いていました。

善逸は離れた場所にいましたが異能である聴覚によって禿の泣き声を聞きとってその子の元にたどり着きます。

そして蕨姫花魁の部屋に入るのですが室内の異常な状態にびっくりします。

部屋は物が壊れて散乱して、泣いている禿の顔には殴られた傷があり流血していたのです。

善逸が駆け寄ると禿は騒ぎになることを恐れて顔を隠します。

次の瞬間、善逸は自分の後ろに立つ蕨姫花魁の存在に気づきます。

蕨姫花魁は上弦の鬼である堕姫が人に化けている姿なのですが善逸は堕姫の体内から聞こえる音だけで上弦の鬼であることに気づきます。

蕨姫花魁は禿の耳をひっぱると「早く部屋をかたずけな!」といじめます。

禿は「ごめんなさい。ゆるしてください」と泣きながら、ちぎれはじめて血が流れる耳を痛がります。

善逸は蕨姫花魁の手をつかむと「手を放してください」と言って抵抗しますが攻撃を受けて気絶してしまいます。

蕨姫花魁は善逸が気絶する前に受け身を取ったのを見て鬼殺隊であることに気づきます。

そして禿たちの世話を受けている最中でも鬼の本性をむき出しにして「鬼狩りさん。まだ、いるんでしょ。皆、食べてあげる」とひとりごとを言いながら鬼殺隊が自分に向かってくることを予期して喜んでいました。

善逸の消息が途絶え宇随天元は敵が上弦の鬼と気づいて炭治郎と伊之助に撤退を命じる

夜が明けると宇随天元は我妻善逸の行方がわからなくなっていることを竈門炭治郎と嘴平伊之助に告げます。

宇随が吉原遊郭全体を監視しているにもかかわらず善逸がさらわらたことで鬼の手口の巧妙さがあきらかになり上弦の鬼である確率が高いと推察したのです。

そして炭治郎と伊之助に対して死ぬ前に吉原遊郭を出ろと命じます。

宇随はこれからはひとりで任務を遂行すると言ってその場を去りますが炭治郎と伊之助は協力して帯を討ち取ることを決心するのです。

炭治郎 善逸 伊之助の諜報活動によって吉原遊郭にひそむ堕姫の実態があばかれはじめ緊迫感が徐々に高まってきました。

堕姫、鬼舞辻 無惨の訪問を受ける

吉原遊郭を裏で支配して残虐の限りを尽くす堕姫は鬼舞辻無惨の訪問を受けていました。

鬼舞辻無惨は堕姫の素晴らしい能力を称えながらも柱の力を警戒することの大切さを伝えます。

そして鬼舞辻無惨の支配から逃れた竈門禰豆子を探し出して殺すことを命令します。

鬼舞辻無惨の支配構造から逃れた鬼は竈門禰豆子と珠世だけであり、その2人は鬼にとっては異端であり鬼にとっては脅威の存在として捜索されているのです。

堕姫は我妻善逸が鬼殺隊員であることを見抜き、さらに何人もの鬼殺隊が自分に迫っていることを感じ取っていていました。

自分の戦闘能力に絶対的な自信を持つ堕姫は鬼舞辻無惨に ほめてもらうために敵が柱であることを望み竈門禰豆子を殺すことを心に決めます。

これから上弦の鬼 堕姫と宇随率いる鬼討伐班の戦いの幕が開けます。

鬼舞辻 無惨(きぶつじむざん)とは?

その血を浴びさせることによりすべての鬼を生み出した はじまりの鬼であり産屋敷一族でもあります。

竈門禰豆子と珠世という異端の鬼以外のすべての鬼を支配していまして鬼の弱点である太陽の光を克服して完璧な生物となることを目指しているのです。

人を食い、そして人を鬼に変えることによって人類を支配してその領域を広めていきます。

鬼の根絶やしを宿願とする産屋敷一族が率いる鬼殺隊の宿敵です。

鬼滅の刃ネタバレ小説『宇随天元/遊郭編』[9巻-11巻]の関連情報はこちらで紹介しています! ぜひ ごらんください!
吉原遊郭の仕組みや花魁のこと、そして遊郭用語についてはこちらで紹介しています!
【鬼滅の刃 遊郭編】吉原遊郭の仕組みについて!遊郭用語も徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました