【鬼滅の刃ネタバレ9巻 小説・下【漫画】遊郭編 宇随天元と上弦の陸との戦い あらすじストーリーを徹底解説!】

スポンサーリンク
宇随天元遊郭編9巻 下
スポンサーリンク

宇随天元公式ヘッダー自由使用認可

スポンサーリンク
  1. 宇随天元 遊郭編 上弦の陸との戦い 鬼滅の刃 9巻 下
  2. 宇随天元率いる鬼討伐班 上弦の陸 堕姫と激突する
        1. 堕姫の帯とは?
    1. 十二鬼月とは?
    2. 上弦の鬼とは?
    3. 下弦の鬼とは?
    4. この場面の登場人物
      1. ストーリー 宇随天元率いる鬼討伐班 上弦の陸 堕姫と激突する
        1. 宇随天元は音の呼吸 壱ノ型 轟を発動して嫁がとらえられている場所に救出に急行する
    5. 宇随天元の日輪刀
      1. 壱(一)ノ型 轟 (とどろき)  【宇随天元 必殺技】
        1. 嘴平伊之助は堕姫の食糧庫に突撃する!
        2. 竈門炭治郎はヒノカミ神楽『烈日紅鏡』『炎舞』『幻日虹』を発動する!
          1. 水の呼吸 肆(四)ノ型 打つ潮・乱(うちしお・らん)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】
    6. ヒノカミ神楽とは?
      1. ヒノカミ神楽と呼ばれる日の呼吸の流派の伝承の方法とは?
      2. 竈門炭十郎がヒノカミ神楽を伝承するためにおこなった一度きりの見取り稽古とは?
    7. 竈門炭治郎 ヒノカミ神楽 日の呼吸
      1. ヒノカミ神楽 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】
      2. ヒノカミ神楽 炎舞(えんぶ)とは?   【竈門炭治郎 必殺技】
      3. ヒノカミ神楽 幻日虹(げんにちこう)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】
      4. ヒノカミ神楽 火車(かしゃ)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】
        1. 鬼滅の刃ネタバレ小説『宇随天元/遊郭編』[9巻-11巻]の関連情報はこちらで紹介しています! ぜひ ごらんください!

宇随天元 遊郭編 上弦の陸との戦い 鬼滅の刃 9巻 下

竈門炭治郎が堕姫と接触して交戦を開始する本編を解説します!

本編を見た方も見ていない方も楽しんで頂ける内容になっております。

宇随天元率いる鬼討伐班 上弦の陸 堕姫と激突する

鯉夏花魁は自分の部屋で鏡に映る自分を見ています。

明日、鯉夏花魁は妓楼ときと屋を出て行くことが決まっていました。

鯉夏花魁は良い客に巡り合い身請けをしてもらい嫁として迎い入れられることになっていたのです。

鯉夏花魁のうしろに遊女の変装を解いた竈門炭治郎があらわれます。

炭治郎はお世話になった鯉夏花魁に今までのお礼と別れを告げにきたのです。

自分が鬼殺隊でありこれから鬼を討伐しに行くと言うと部屋を出ていきますが、入れ替わるように蕨姫花魁の変装を解いた上弦の陸である堕姫が現れます。

堕姫は美しい女性を食べるのが大好きで綺麗な鯉夏花魁の体も食料として狙っていたのです。

堕姫は自分の分裂体である帯を使いの者として遊郭中に情報網として張り巡らしていて、明日 鯉夏花魁が遊郭ときと屋を去るを知っていたのです。

堕姫は鯉夏花魁を連れ去ろうとして首の部分まで帯の中に取り込んだとき窓から炭治郎が窓から現れます。

竈門炭治郎は堕姫の帯をつかまえるために妓楼萩本屋にいる嘴平伊之助のところへ行くところでしたが異能である嗅覚によって鬼の臭いをかぎつけて鯉夏花魁の部屋に突入してきたのです。

堕姫の帯とは?

鬼滅 堕姫イメージ5

 

堕姫の帯は堕姫の分裂体であり、意思を持っている堕姫の武器です。

やわらかいのに刃のようなするどさをもっています。

堕姫は帯を分裂させるほど力も分散することになりますので実体の戦闘能力は弱まり、再び分裂した帯と統合することで戦闘能力はもどります。

堕姫の帯には口と目があり人も食らう凶悪な鬼の一部であり、堕姫と意識がつながっていて遠く離れていても情報を伝達し合うことができます。

堕姫の帯は内部に人を取り込んだり取り出したりすることができます。
そして取り込んだ人は生きたままの状態でとらえておくことができるので堕姫は帯に遊女をさらわせて誰にも見つからないところにためこんで食べているのです。

 

十二鬼月とは?

鬼滅 十二鬼月イメージ1

十二鬼月は鬼の始祖 鬼舞辻無惨に精鋭として認められた12体の鬼のことです。

十二鬼月の鬼の眼球にはそれぞれの階級を示す文字が刻まれています。

上弦の鬼とは?

鬼滅 十二鬼月イメージ2

上弦の鬼は十二鬼月の上位6人の鬼のことです。

上弦の壱(一)が一番強く上弦の陸(六) が一番弱いです。

上弦の壱(一) 黒死牟(こくしぼう)

上弦の弐(二) 童磨(どうま)

上弦の参(三) 猗窩座(あかざ)

上弦の肆(四) 半天狗(はんてんぐ)

上弦の伍(五) 玉壺(ぎょっこ)

上弦の陸(六) 堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)

物語の進展において新たな上弦の鬼に選ばれる者

上弦の肆(四) 鳴女(なきめ)

上弦の陸(六) 獪岳(かいがく)

下弦の鬼とは?

鬼滅 十二鬼月イメージ9

下弦の鬼は十二鬼月の下位6人の鬼のことです。

上弦の鬼と比較すると戦闘能力は非常に低いです。

鬼舞辻無惨はお気に入りの鬼である下弦の伍 累を水柱 冨岡義勇に殺されたことに激怒して下弦の鬼の弱さをうれい 解体してしまいます。

下弦の壱(一)が一番強く下弦の陸(六) が一番弱いです。

下弦の壱(一) 魘夢(えんむ)

下弦の弐(二) 轆轤(ろくろ)

下弦の参(三) 病葉(わくらば)

下弦の肆(四) 零余子(むかご)

下弦の伍(五) 累(るい)

下弦の陸(六) 釜鵺(かまぬえ)】

響凱(きょうがい)という鬼は元 十二鬼月 下弦の陸(六)でしたが鬼舞辻無惨に見限られてから降格になりました。

この場面の登場人物

宇随天元  鬼殺隊 階級 柱【 音柱】

竈門炭治郎 鬼殺隊員 階級 庚

竈門禰豆子 竈門炭治郎の妹 鬼舞辻 無惨の支配を逃れた異端の鬼

我妻善逸 鬼殺隊員 階級 庚 善子(よしこ)という名の女子に変装している。

嘴平伊之助 鬼殺隊員 階級 庚

鯉夏花魁 妓楼ときと屋の花魁

雛鶴  宇随天元の妻 元忍び どんな任務もこなす優秀な忍び

まきを 宇随天元の妻 元忍び 気が強く勇敢な忍び

須磨  宇随天元の妻 元忍び 諜報は得意で戦闘は苦手な気弱な忍び

妓楼京極屋 楼主

堕姫 鬼 階級 上弦の陸

ストーリー 宇随天元率いる鬼討伐班 上弦の陸 堕姫と激突する

宇随天元は音の呼吸 壱ノ型 轟を発動して嫁がとらえられている場所に救出に急行する

宇随 音の呼吸イメージ1

宇随天元は雛鶴と我妻善逸が行方不明になった妓楼京極屋に忍び込むと楼主の背後に立ち尋問をしまます。

妓楼京極屋の楼主は善逸の行方はわからないとしながらも雛鶴は病気になったので切見世に送ったこと、そして蕨姫花魁の卑劣なおこないをうったえます。

宇随は蕨姫花魁が上弦の鬼だとして部屋に突入しますが蕨姫花魁である堕姫は妓楼ときと屋に鯉夏花魁を襲いに行っていたので不在だったので切見世に送られた雛鶴を探しに行きます。

雛鶴は蕨姫花魁が鬼であることに気づいたのですが自分も堕姫に諜報員であるとあやしまれてしまったので毒を飲んで病気のふりをして切見世に逃れましたが堕姫の帯に監視されていて身動きがとれずにいました。

宇随は毒の作用で苦しむ雛鶴の前に現れると体を抱き寄せて解毒薬を飲ませると回復したら吉原遊郭から出るように命じます。

宇随は妓楼の屋根から屋根へ飛び移りながら堕姫の行方を追っていると異能である聴覚によって地面の中から聞こえてくる音に気づきます。

そして地下で起っている戦闘を察知すると2本の大きな日輪刀を振り上げて音の呼吸 壱ノ型 轟を地面に向けて発動させます。

そして地表を爆発の衝撃で粉砕しながら地下の戦場に向かっていきます。

宇随天元の日輪刀

宇随天元の日輪刀は2本の大剣で両方のつかの先を1本の鎖で固定して1つにつなげています。

刀であり刃先をつかんで2本の大剣を片手で操る独特な剣技をもっています。

怪力の持ち主である宇随天元だからこそ操ることができる日輪刀といえますね。

戦闘に火薬爆弾を使用しますが大剣の斬撃と共に繰り出す連続爆破攻撃こそ音柱 宇随天元の戦い方と言えるでしょう。

壱(一)ノ型 轟 (とどろき)  【宇随天元 必殺技】

2本の大剣で火薬爆弾に衝撃を与え起爆させます。

爆発の衝撃と大剣の斬撃によって対象物にダメージを与えます。

大きな2本の大剣を俊敏に操り爆発の衝撃を制御する怪力の持ち主である宇随天元だからこその技と言えますね。

嘴平伊之助は堕姫の食糧庫に突撃する!

鬼滅 堕姫イメージ1

妓楼荻本屋では嘴平伊之助が遊女の変装を解き『忍獣ムキムキねずみ』から日輪刀を受け取ると堕姫の帯を捕まえるために強行突破をおこないます。

廊下の板をはがすと地面を掘り進むように作られた30cmくらいの穴を発見します。
体中の関節を外すとニョロニョロと体をくねらせながら穴の中を突き進んで大きく開けた地下の空洞に辿り着きます。

堕姫の帯がいくつも 土の壁につりさがっていて 帯のなかにはたくさんの遊女たちが取り込まれていて宇随天元の嫁のまきを、須磨の姿もありました。

そして伊之助は帯のなかに鼻ちょうちんをふくらませて眠る善逸の姿を見つけて「何をやっているんだ」と声を掛けますが応答はありません。

この地下空洞は堕姫が遊女をさらって生きたまま保管しておく食糧庫でした。

上部には30cmくらいの穴がいくつも開いていて堕姫の帯が人をさらってくるために行ったりきたりしていたことがわかります。

伊之助が日輪刀で帯を切り裂いていくと帯の断面から次々と人が出てきます。

堕姫の帯から解放された須磨 まきを そして救出されても恐怖で眠り続ける善逸はムキムキねずみから日輪刀を受け取って伊之助と共に戦います。

ですが堕姫の帯は堕姫が生きている限りはいくら斬っても死ぬことはなく地面に横たわる遊女たちを食べようと襲いかかります。

伊之助たちは堕姫の帯から遊女たちを守りますが勝つ方法を見つけられないでいました。

上部から巨大な爆発音と共に土煙が上がり宇随があらわれます。

宇随は音の呼吸 壱ノ型 轟を連続で発動させることで地面を破壊しながら地下空洞まで辿り着いたのです。

宇随はたちどころに堕姫の帯を日輪刀で切り刻み とらわれていた人を全て解放します。

宇随はまきを と須磨の働きをほめると伊之助と善逸に「いくぞ!」と号令をかけて地上に逃げた堕姫の帯を追いかけていきます。

伊之助と鼻ちょうちんをふくらまして眠り続ける善逸は宇随天元を追いかけていきます。

竈門炭治郎はヒノカミ神楽『烈日紅鏡』『炎舞』『幻日虹』を発動する!

鬼滅 祇園イメージ

堕姫が鯉夏花魁を首の部分まで帯の中に取り込んだとき竈門炭治郎が現れます。

夕暮れ過ぎて夜のとばりがおりる頃、妓楼とまと屋の二階、鯉夏花魁の部屋での出来事です。

炭治郎が鯉夏花魁を放せと言うと堕姫は怒って帯を繰り出して攻撃します。

炭治郎は堕姫の帯を刀で受け止めますが隣の妓楼の屋根まで突き飛ばされます。

痛みに耐えながら背負っている木箱を下ろすと中に入っている竈門禰豆子に向かって「自分の命が危ない時以外は箱から出るな」と言って堕姫に突撃していきます。

炭治郎は『水の呼吸 肆ノ型 打つ潮・乱』で堕姫の帯を斬り鯉夏花魁を解放することに成功しますが水の呼吸の流派は敵に与えるダメージも少なく自分の能力を活かしきれないことを感じます。

炭治郎の体に適合する剣技はヒノカミ神楽ですが 今はまだ使いこなすことができません。
ヒノカミ神楽を使うと敵に与えるダメージは大きいのですが威力を制御しきれずに体に負担を蓄積させてしまいます。

連続で発動すると立つこともできなくなってしまい、鬼の首を斬れなかったときは殺される可能性が高いので今の竈門炭治郎にとってはとても危険な技なのです。

それでも自分よりはるかに格上である上限の鬼 堕姫と戦うにはヒノカミ神楽を使うしか方法はありませんでした。

そして炭治郎は身の危険をかえりみずにヒノカミ神楽を使うことを決心します。

『烈日紅鏡』『炎舞』を立て続けに発動させますが堕姫は簡単にかわして帯の斬撃を繰り出します。

『幻日虹』で帯の斬撃をかわして背後を取り火車を発動させようとしますが堕姫はさらに帯の斬撃を繰り出して竈門炭治郎をはじき飛ばます。

炭治郎はヒノカミ神楽の連続的な発動で体を動かせないほど消耗してしまいます。

堕姫が迫りくる状況で地面にうずくまりながらも体力の回復に特化した『回復の呼吸』をおこなって立ち上がるとなんとか帯の斬撃をかわしますが力の差は大きく太刀を合わせながらも押し込まれ苦戦する状況が続きます。

水の呼吸 肆(四)ノ型 打つ潮・乱(うちしお・らん)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】

自然の水流のように始まりも終わりも感じさせない剣技は変幻自在にそしてやわらかく移動しながら振るう太刀筋は斬られても気づかないほど静かで安らかな斬撃と言われています。

打ち潮という剣技はとめどなく押し寄せる荒々しい波のような太刀筋で何度も敵に斬撃を与えます。

打ち潮・乱は跳躍した状態で打ち潮を発動して空中を舞うような斬撃を繰り出します。

ヒノカミ神楽とは?

鬼滅 十二鬼月イメージ7

ヒノカミ神楽とは日の呼吸の流派のことです。

竈門炭治郎の先祖である竈門炭吉は継国縁壱から日の呼吸をヒノカミ神楽として伝承されました。

竈門炭治郎が身に着けている耳飾りも継国縁壱から竈門炭吉に渡されたものが子孫代々に受け継がれたものなのですよ。

竈門一族では継国縁壱から受け継いだ日の呼吸の流派であるヒノカミ神楽と耳飾りを代々伝承することを守り続けていているのです。

竈門炭十郎も一族の約束事としてヒノカミ神楽と耳飾りは途切れさせずに伝承していってくれと息子である竈門炭次郎に語りました。

ヒノカミ神楽と呼ばれる日の呼吸の流派の伝承の方法とは?

ヒノカミ神楽と呼ばれる日の呼吸の流派の伝承の方法は無病息災を神に祈り舞をささげる儀式として竈門家一族の長からその子に代々伝承されてきました。

毎年 新年のはじまりに雪の降り積もった山頂においてヒノカミ神楽(日の呼吸の流派) 十二の舞(十二の型)を一晩中休むことなく何万回も繰り返して舞い続けます。

竈門炭十郎がヒノカミ神楽を伝承するためにおこなった一度きりの見取り稽古とは?

竈門炭十郎が病死する十日前に全長270cmの巨大熊が近くの山に現れ人間を6名も襲って食い殺す事件という起きました。

その夜、炭十郎は巨大熊が自宅に向かって来てっていることを感じ取ります。

そして まきわり用の手斧を持つと炭治郎を連れて山に入ると巨大熊と出会い 向かい合います。

炭十郎は「それ以上こちらに来るのはゆるさない」と伝えますが巨大熊は襲いかかってきたので地を蹴って巨大熊の身長よりも高く飛び上がると舞うように手斧を振り下ろして巨大熊の首を斬り落とします。

炭治郎はこのときの父の行動を振り返って ヒノカミ神楽を伝承するために一度切りの見取り稽古をしてくれたと感じたと語っています。

竈門炭治郎 ヒノカミ神楽 日の呼吸

ヒノカミ神楽 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】

太陽が燃るような火のオーラを刀身にまとわせて左右に円をえがくように斬撃を打ち込みます。

太刀筋の残影は赤い鏡のように美しい光を発します。

ヒノカミ神楽 炎舞(えんぶ)とは?   【竈門炭治郎 必殺技】

太陽が燃えるような火のオーラを刀身にまとわせて2連続で円をえがくように斬撃を打ち込みます。

最初の太刀目は上から下へ、次の太刀目は横になぐように打ち込む2段階の攻撃です。

ヒノカミ神楽 幻日虹(げんにちこう)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】

高速で身をひるがえす舞を踊るような動きによって敵に陽光の残像のようなまぼろしを見せて惑わせます。

敵の攻撃をよけながら反撃をおこなうための敵の攻撃をかわす技です。

ヒノカミ神楽 火車(かしゃ)とは?  【竈門炭治郎 必殺技】

太陽が燃えるような火のオーラをまとわせた刀身をかまえて体が宙に浮いている状態で敵に向かって体を垂直方向に1回転させます。

体を回転させる勢いと刀を振り下ろす力によって強烈な威力の斬撃を生み出します。

火車は陽光で燃える輪が回転しているように見える攻撃です。

鬼滅の刃ネタバレ小説『宇随天元/遊郭編』[9巻-11巻]の関連情報はこちらで紹介しています! ぜひ ごらんください!

竈門禰豆子が人に襲いかかる!
禰豆子が人を食ったら炭次郎も冨岡義勇も鱗滝左近次も死んで詫(わ)びるという契約が…‼
鬼滅の刃ネタバレ9巻 小説・下【漫画】遊郭編 宇随天元と上弦の陸との戦い あらすじストーリーを徹底解説!

吉原遊郭の仕組みや花魁のこと、そして遊郭用語についてはこちらで紹介しています!
【鬼滅の刃 遊郭編】吉原遊郭の仕組みについて!遊郭用語も徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました