鬼滅の刃 蝶屋敷を解説!【ネタバレ】歴代当主とメンバー 胡蝶カナエ 胡蝶しのぶ 栗花落カナヲ 神崎アオイ&三人娘

スポンサーリンク
蝶屋敷 室内アイキャッチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

蝶屋敷(ちょうやしき)とは?

蝶屋敷 胡蝶しのぶ

負傷した鬼殺隊士のための施設として開放されている蟲柱 胡蝶しのぶの私邸の庭にはたくさんの蝶が飛び回っている。
【『蟲柱』とは『蟲の呼吸』という剣技の流派と、『柱』とは鬼殺隊最高の階級である柱を表している】

先代は姉の胡蝶カナエ。
カナエは17歳のときに十二鬼月で上弦の弐の童磨(どうま)と闘い戦死したので妹のしのぶが14歳のときに蝶屋敷を受け継いだ。

蝶屋敷の敷地は広く庭の中には山もあり、初代当主の花柱が植樹したと言われる桜は必勝と名付けられ、見頃には桃色の花が咲き乱れ館の長い歴史を物語っている。

蝶屋敷70

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟:レトロな建物を訪ねて

蝶屋敷の治療所とは?

蝶屋敷30

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟:レトロな建物を訪ねて

診察室・病床・器具・薬を備えていて鬼の討伐任務で負傷した鬼殺隊士を収容して治療をおこなう

蝶屋敷 治療所では胡蝶しのぶが診療をする

蝶屋敷4

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟 : レトロな建物を訪ねて

蝶屋敷の治療所で診療をする胡蝶しのぶは医者の免許はもっていないが、医学と薬学に精通していて、さらには鬼を専門とした優秀な研究者なので医師の役割を果たすことができる。

胡蝶しのぶは鬼の毒をも分解し、血鬼術を治療をする名医だ。

薬学に精通している理由は亡くなった両親が薬剤師だったことによる‼
【胡蝶しのぶの両親について 鬼滅の刃 公式ファンブック 鬼殺隊見聞録 鬼殺隊報号外 86ページ】

蝶屋敷の訓練所とは?

蝶屋敷20

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟:レトロな建物を訪ねて

機能回復訓練をおこなう施設

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)・我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)・嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)のマッサージをしたのは寺内きよ・中原すみ・高田なほ。

反射訓練と全身訓練は栗花落カナヲ(つゆり かなを)と神崎アオイが指導した。

機能回復訓練 一 マッサージ
治療と安静でかたくなってしまった体を強制的に指導員にほぐしてもらう。

関節技のように激しく体を伸ばすのでかなりの痛みをともなう。

機能回復訓練 二 反射訓練
訓練は指導員と訓練を受ける者で二人一組でおこなう。

座卓に激臭の薬湯を入れた湯飲み茶碗をいくつも並べる。

相手より先に湯飲み茶わんをつかんで薬湯をかける競技のような訓練。

つかんだ湯飲み茶わんは持ち上げるより先に相手が上からおさえたら一旦手を放さなくてはならないという規則がある。

機能回復訓練 三 全身訓練
訓練を受ける者はひたすら指導員を追いかけ続ける。

ルールは鬼ごっこと同じ。

炭治郎は全集中の呼吸 常中を教わる

全集中の呼吸 常中の鍛錬は柱になる為の入り口と言われ柱に要求される高度な戦闘技能のこと。

栗花落カナヲの身体能力は高く訓練は模擬戦闘のように激しく炭治郎・善逸・伊之助は反射訓練と全身訓練の競技で勝つことができなった。

カナヲに競技で勝つことを目標にして鍛錬を続ける炭治郎に胡蝶しのぶは『全集中の呼吸 常中』を教える

『全集中の呼吸 常中』は柱となる者に要求される高度な能力だが胡蝶しのぶはその事実を隠し「鬼殺隊士にとって基本的な能力」といつわって教えた

全集中の呼吸とは?

全集中の呼吸は極限まで心肺能力を高め大量の酸素を血中に取り込むことで強制的に戦闘能力を高める呼吸法だ。

すべての鬼殺隊士に要求される基本的な能力であり鬼を討伐(とうばつ)するには必須条件ともいえる技能

炭治郎の兄弟子の真菰(まこも)は全集中の呼吸の体得(たいとく)する方法は「死ぬほど鍛える。結局それ以外できることはないと思うよ」と伝えている

【真菰(まこも)は炭治郎の兄弟子の女の子で鬼滅の刃 1巻に登場する。鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)が育てた鬼殺隊の候補生だが最終試験で手鬼(ておに)殺されてしまう。炭治郎の前に霊体であらわれ剣の指導をした】

【鱗滝左近次は炭治郎・錆兎(さびと)・真菰(まこも)・冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)の育手】

育手についてはこちらで解説しております! ぜひ ご覧ください!

鬼滅の刃【ネタバレ】育手の徹底解説!炭治郎と善逸の育ての親である鱗滝左近次や桑島慈悟郎も紹介します!

全集中の呼吸 常中 体得のための修行
全集中の呼吸を二十四時間し続けることが『全集中の呼吸 常中』です

体得すると高さ1m以上の瓢箪(ひょうたん)に息を吹き込み破裂させる心肺能力を得る

全集中の呼吸 常中は柱にとって基本的な戦闘技能で常に極限状態の身体能力で闘い続けることを可能にする

炭治郎は体得に30日かかったが善逸と伊之助は胡蝶しのぶに駆り立てられ9日で体得した

蝶屋敷 施設の機能3 孤児院

蝶屋敷40

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟:レトロな建物を訪ねて

鬼殺隊士は親兄弟を鬼にうばわれている者も多い、そんな彼らにとって蝶屋敷は心を安めるための大切な場所である。

蝶屋敷は孤児たちが安心を得るための場所

蝶屋敷で生活を送る者たちは親や身寄りがなく胡蝶しのぶもまた両親と姉を鬼に殺されている。

栗花落カナヲは幼いとき、奴隷(どれい)商人に連れられていたところを街で偶然出会った胡蝶カナエとしのぶに買い取られる。

神崎アオイも家族を鬼に殺され鬼殺隊士になった。
だが鬼への恐怖心を克服できず任務を断念して蝶屋敷で働いている。

また【寺内きよ・中原すみ・高田なほ】の三人娘も鬼に家族を殺されしのぶに引き取られる。

孤児である炭治郎・善逸・伊之助も任務を終えると帰還先として蝶屋敷を訪れ養生していた。

蝶屋敷の人々

蝶屋敷50

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟 : レトロな建物を訪ねて

胡蝶カナエ

胡蝶しのぶの姉で蝶屋敷の先代当主。

17歳のとき、鬼との闘いで命を落とした。

生前は鬼殺隊士で階級は花柱であった。

【『花柱』とは、『花の呼吸』という剣技の流派と『柱』という鬼殺隊最高の階級である柱を表している】

胡蝶しのぶ

鬼殺隊士 階級 柱【蟲柱】

カナエの死後、14歳で蝶屋敷を受け継ぎ当主となる。

両親の仇を討つために姉と共に鬼殺隊士となったが姉 カナエが上弦の弐 童磨(どうま)に殺され強い復讐心を持つ

もとは感情的で甘えるのが得意な性格だったが愛する者が殺されたことへの強い怒りと憎しみが感情を出さない性格へと変えていった

とても容姿が美しく体格はとても小柄で身長151cm体重37kg

非力で鬼の首を斬り落とすことが出来ないので毒針のような性能をもつ日輪刀を突き刺して鬼の体に藤の花の毒を流し込むことで討伐(とうばつ)する

継子をもつ

胡蝶しのぶは弟子をとって鬼殺隊士を育成する育手という役割も担っている。

何人もの継子を育てていたが皆、鬼に殺された。

しのぶの継子はすべて女性であり最後の継子は栗花落カナヲだった。

街のなかで奴隷商人に連れられる幼いカナヲを姉カナエと共に偶然見つけ買い取ると妹のように育てた。【この日は5月19日で栗花落カナヲの誕生日になった】

しのぶはカナヲを鬼殺隊士にするつもりはなかったがカナヲは姉のカナエの花の呼吸を真似して覚え自分の意思で最終選別に参加して合格する

しのぶは仕方なく鬼殺隊士となったカナヲを継子にして強い剣士に導くことになった。

栗花落カナヲ

鬼殺隊士であり剣技の流派は花の呼吸を使う。

貧しい家に生まれ両親と数人の兄弟と暮らしていたが両親は叩き殺してしまうほど子供たちに暴力を振るいカナヲも虐待を受けて心に深い傷を負い感性をうしなう。

街で奴隷商人に連れられているところを胡蝶姉妹に買い取られ妹のように育てられる

胡蝶カナエの形見の髪飾りをつけ胡蝶しのぶを師範と呼ぶ

炭治郎・善逸・伊之助・不死川 玄弥(しなずがわ げんや)と同期

【伊之助もまた最終選別に参加していて試験の舞台だった藤襲山(ふじかさねやま)に来ていたが試験当日は誰よりも早く入山して、試験が終わった7日後には誰よりも早く下山したので本編には登場しなかった】

神崎アオイ

鬼殺隊士であり入隊の経緯(いきさつ)は家族を鬼に殺されたから

運良く最終選別に合格するが鬼への恐怖心を克服できずに討伐任務をあきらめ治療所の看護師として、訓練所では指導員として蝶屋敷で働き鬼殺隊を助ける

寺内きよ

家族を鬼に殺されて胡蝶しのぶに引き取られた10歳くらいの少女で治療所の看護師として、訓練所では指導員として蝶屋敷での業務をおこなう。

桃色の帯と蝶の髪飾り、そしておかっぱの髪型が特徴

中原すみ

家族を鬼に殺されて胡蝶しのぶに引き取られた10歳くらいの少女で治療所の看護師として、訓練所では指導員として蝶屋敷での業務をおこなう。

水色の帯と蝶の髪飾り、そして二つ結びの髪型が特徴

高田なほ

家族を鬼に殺されて胡蝶しのぶに引き取られた10歳くらいの少女で治療所の看護師として、訓練所では指導員として蝶屋敷での業務をおこなう。

緑色の帯と蝶の髪飾り、そして三つ編みの髪型が特徴

蝶屋敷のモデル 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟とは?

蝶屋敷 明治村

出典 博物館明治村 日本赤十字社中央病院病棟:レトロな建物を訪ねて

日本赤十字社中央病院病棟は博物館明治村の展示物

造りが蝶屋敷と似ていることからモデルになってると言われている。

博物館明治村は明治時代(1890年頃)の建造物を保存していて史料も数多く管理している。

日本文化の発展に寄与することを目的とした施設。

鬼殺隊士にとってなくてはならない場所、それが蝶屋敷です。

歴代の柱によって受け継がれてきた慈愛の象徴とも言える蝶屋敷は美しい胡蝶姉妹によってさらに暖かい光で照らされているようですね

まとめ

胡蝶カナエ・胡蝶しのぶ・花落カナヲという美しい女性たちによって継承されていく蝶屋敷を紹介しました!

鬼滅の刃にとって重要な施設ですよね!

これからも鬼殺隊士の還(かえ)る大切な場所としてあり続けることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました