高品質なオーガニック菜園とその農地を育てる発酵型微生物とは!?

スポンサーリンク
世界最高クラス オーガニック菜園の農地を育てるのは発酵型微生物
スポンサーリンク

オーガニック野菜は普通の野菜より高いですよね。

 

それは健康に良いためですが、 オーガニック野菜の品質や健全性のレベルを設定するのは各国政府や民間の専門機関ににゆだねられています。

 

世界最高クラスのオーガニック野菜や製品を生産する国はヨーロッパです。

 

日本JAS規格の野菜とはオーガニック農業の規則に大きな差があるのです。

 

世界最高クラスのオーガニック農業はヨーロッパにおいて100年の歴史があってとても健全性が高いのですが毎日の食事で使う野菜をヨーロッパから輸入すると金額的に現実的ではないですよね。

 

でも、もし家庭菜園で世界最高クラスのオーガニック野菜を栽培することができたらすごい価値を生み出すことになります。

 

オーガニック農業の国際的な指針で定められていることは簡単に言いますと食料の生産活動において化学物質を使用することを避けるということです。

 

化学物質を使用しないで農産物を栽培する制度が世界最高クラスのオーガニック農業です。

 

それをおこなうのがイギリスやドイツのオーガニック制度です。

 

オーガニック野菜を作るのはオーガニック農地であり、

オーガニック農地を作るのは発酵型の微生物です。

世界最高レベルのオーガニック農地を作る発酵型微生物の育て方を説明します。

 

コウスケ
コウスケ
この記事を書いている私はオーガニック農業歴5年、有機JAS有機農産物生産行程管理を2年間担当してます。
スポンサーリンク

世界最高クラス オーガニック菜園の農地を作るのは発酵型微生物

野菜の新芽

発酵型微生物の特徴

微生物には2つのタイプがあります。それは発酵型と腐敗型です。

 

どちらの微生物も有機物を分解して最終的には同じ無機状態にします。
この2つの微生物の特徴は分解のはじめの段階にあります。

 

発酵型微生物の特徴は有機物を発酵させることです。
発酵型微生物が活発化する農地の多くは地球の生態系機能が育てた土によってできています。

 

発酵型微生物は発酵させることで野菜、穀物の苗と農産物を育てます。

 

漬け物、味噌、醤油という発酵食品の製造には発酵型微生物の機能を利用しています。

 

 

腐敗型微生物の特徴は有機物を腐敗させることです。
腐敗型微生物が活発化する農地の多くは人が肥料を投入することで作った土によってできています。

 

腐敗型微生物は腐敗させることで野菜、穀物の苗と農産物を成長させます。

 

食品や有機物を腐らせるのは腐敗型微生物の機能によるものです。

 

自然環境の中で腐敗型微生物が有機体を腐敗させると地球は生態系機能によって腐敗を清浄化します。

 

たとえば農地で腐敗型微生物が活発化するほど有機物は腐敗します。
そうすると地球は大地を清浄化させます。

 

野菜の苗は腐敗型微生物や腐敗した有機物の成分を吸収して急激に成長します。
そして農産物は急激に肥大化します。
次に虫が急激に成長した植物や肥大化した農産物を食べて分解します。

 

農地で腐敗型微生物が活性化する原因は動物性肥料、植物性肥料、化学物質肥料を農地に投入することです。

 

そして虫が発生するたびに化学物質によって死滅させるので人の作った農地は化学物質を必要とするのです。

健全な農地の品質を決める発酵型微生物 8つの効果

野菜の新芽3 世界最高クラスのオーガニック農地では地球生態系の主役は発酵型微生物です。

健全な農地ほど土の中では発酵型微生物がたくさん生きていて活発に活動しています。

発酵型微生物は発酵させることで野菜、穀物の苗と農産物を成長させます。

それでは発酵した農産物の品質を1つずつお伝えします。

農産物を美味しくする

農産物は発酵することでとても美味しくなります。

 

世界最高クラスのオーガニック野菜は家庭菜園のような小さい規模の農地でも栽培することは可能です。

 

化学物質を使用していない土地を利用できるならとても低料金でオーガニック農地を作ることができます。

 

そして農産物の栽培を始めた年の秋には自分で栽培した農産物の美味しさに感動して頂けると思います。

農産物の保存期間を長くする

発酵した農産物は保存期間が長くなります。

(農産物の種類によっては長期保存に不向きなものもあります)

虫に食べられない農産物が育つようになる

発酵した農産物を虫は食べることができません。

 

虫は発酵したものを食べると死んでしまいます。

 

なので発酵型微生物がたくさん生きていて活発に活動する農地であるほど、 農産物は発酵しているので虫が食べることはできないのです。

化学物質農薬を必要としない

農地で化学物質を使用するのは病虫害を死滅させる必要があるからです。

 

化学物質は人、地球、多様な生物に毒性のダメージを与え地球の持続可能性に影響を与えます。

 

日本政府は有機JAS規格のオーガニック野菜であっても化学物質を使用して栽培をおこなうことを許可しているので化学物質を使用しない健全な農産物はとても貴重な食材であり、多くの人に必要とされています。

肥料を必要としない

発酵型微生物がたくさん生きていて活発に活動している農地では農産物を生み育むのは地球の生態系機能であり、地球が100%育てる農産物はとても美味しくて健全性が高いです。

 

肥料を投入するということは地球の生態系に人が介入するということです。

 

そして肥料を投入することは農地に腐敗型微生物を増やして健全な農地の環境を壊してしまいます。

 

人が健全な農地を作るためにおこなうことは発酵型微生物が活発な活動をおこなえるようにサポートをすることです。

 

健全な農地を作るのは発酵型微生物です。
肥料は腐敗型微生物を増やして発酵型微生物にダメージを与えます。

 

健全な農地にとって肥料は必要ではありません。

野菜、穀物の苗と農産物の成長を早める

発酵型微生物は野菜、穀物の苗と農産物を健全に育てるとともに成長を促進させます。

 

発酵型微生物がいっぱい生きていて活発に活動している農地ほど農産物の生産性は高まります。

地球の持続可能性に貢献する

発酵型微生物は健全な農地を育てます。

 

そして健全な農地は地球環境を改善します。

 

家庭菜園で世界最高クラスのオーガニック農産物を栽培して食べて楽しむことは地球の持続化可能性に貢献することになります。

少ない予算で世界最高レベルの農地を育てることができる

発酵型微生物は農産物を健全に育てます。

 

農地で発酵型微生物が活発に活動することで農地の品質は向上しますが発酵型微生物を農地に増やすのに多くの資金を必要としません。

 

発酵型微生物を育てるには農地を発酵型微生物に適切な環境にすれば良いのですがそのために必要な資材は無料で手に入れることができます。


 

【関連記事】 世界最高クラス オーガニック菜園の農地を作るかけがえのない資材

 


まとめ

野菜の新芽4世界最高クラスのオーガニック家庭菜園の農地を作るポイントは1つだけです。

それは農地に発酵型微生物を育てることです。

 

健全な農地の品質は発酵型微生物の個体数を育てて増やすことで向上するので、そのような農地に育てていく必要があります。

 

これから発酵型微生物が活発に活動して増える環境にする方法をお伝えしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました