マリエが枕営業を動画で公表!芸能経歴とデザイナー経歴についても

スポンサーリンク
マリエの枕営業疑惑はいつ頃?芸能経歴と起業までの時系列についてアイキャッチ
スポンサーリンク

マリエさんは元子役モデルで小学5年生で芸能界にデビュー、15歳の時に芸能事務所レプロエンタテインメントに原宿でスカウトされて移籍。

2005年、マリエさんは当時18歳のときに島田紳助さんが司会を務める毎日放送『世界バリバリ★バリュー』にパネラーとして出演したのをきっかけに本格的にタレント活動を開始!

マリエさんが2021年4月4日にインスタライブで公表した『枕営業疑惑』はこの頃に起こりましたね。

そんなマリエさんの芸能経歴と枕営業疑惑の時期と起業するまでを時系列で紹介します!

マリエ56出典 産経新聞社

スポンサーリンク

マリエさんの家族構成と子役モデル時代

マリエさんは3人姉妹の末っ子として生まれ 父はフランス系カナダ人でフランスの自動車オイル輸入代理店の元社長で『石油王』と呼ばれ日本人の母は元客室乗務員。

姉はファッションモデルをしていたのでマリエさんはその影響でモデルになりたかったようですね!

マリエさんは原宿でスカウトされたのをきっかけに11歳(小学5年生)から子役モデルとして芸能活動をスタート。

子役モデル当時はレプロエンタテインメントとは別の芸能事務所に所属していましたがどちらも原宿でスカウトされたんですよ!

出典 https://www.wwdjapan.com/

マリエ18歳で本格的なタレント活動開始!

マリエ332出典 https://www.hachi8.me/

マリエさんは18歳のときに所属事務所のレプロエンタテインメントに5年契約でバラエティーなどの芸能活動を真剣にやってみないかと言われました。

マリエさんは大学に進学する予定でしたが「このオファーはもしかしたら今しかないかも知れない。だったらもしダメで5年後に大学に行っても遅くないんじゃないか」と考え方をあらためて本格的はなタレント活動をスタートさせます!

マリエ枕営業を公表!島田紳助・出川哲朗・やるせなすとの接点

マリエ、出川哲朗&島田紳助の枕営業について勇気ある告発

2005年、マリエさん(当時18歳)は島田紳助さんが司会を務める『世界バリバリ★バリュー』に解答者として出演!

当番組には出川哲朗さんもに回答者として出演、やるせなすさんはリポーターとして出演していましたよね。

マリエさんが2021年4月4日にインスタライブで公表した内容によると『枕営業』目的で島田紳助さんに誘われたと公表したのはこの時期のことでしょう。

マリエさん・紳助さん・出川さん・やるせなすさんは皆『世界バリバリ★バリュー』の出演者なので『枕営業疑惑』に直接関わったとされるこの5人がこの番組で1つにつながりました。

マリエさんは島田紳助さんに枕営業を求められたときに出川哲朗さんとやるせなすさんがに同席して紳助さんの要求を聞き入れるようにマリエさんを説得したと公表しました。

結果としてマリエさんは紳助さんの誘いを断り、その場を去ると所属事務所に枕営業目的で誘われたことを報告します。

するとマネージャはマリエさんに「いいの? マリエ? もう仕事来ないけどいい?」と説明を受けることに…。

マリエさんは枕営業を改めて拒否すると「紳助さんがツーツーだった制作会社に謝りに行った」と言明かしています。

島田紳助1出典 https://dot.asahi.com/

マリエの芸能経歴【笑っていいとも!時代(2007-2010)】

マリエ いいとも!出典 産経新聞社

マリエさんは枕営業を断ったことで『世界バリバリ★バリュー』と『ヘキサゴン』への出演はなくなったと言っています。

そんなマリエさんは2007年から『笑っていいとも!』の火曜レギュラーとして出演、途中から水曜レギュラーに移行して2010年に卒業しています。

マリエさんは当時を振り返ると「守ってくれたのはいいともメンバーと爆笑問題」だったと明かしていますよ。

タモリ 鶴瓶https://www.iza.ne.jp/

爆笑問題出典 https://news.mynavi.jp/

マリエさんが共演したいタレントとは?

2018年、マリエさんは「共演したいタレントは?」というインタビューに応じています。

マリエさんは「もう一度お仕事したいなと思っているのは爆笑問題さんとか鶴瓶さんとか、『笑っていいとも!』の時にお世話になった千原ジュニアさんとか」「留学から帰って来てから何度かごあいさつもさせてもらったので、機会があればぜひ」と言っています。

真実を伝えると公言しているマリエさんが共演を望んでいるということは爆笑問題さん・鶴瓶さん・千原ジュニアさんの人間性のすばらしさや愛情の深さを証明していると言ってもよいでしょうね。

千原ジュニア1出典 https://search.yahoo.co.jp/

マリエ パーソンズ美術大学留学(2011年10月-2012年5月)

マリエ留学出典 https://deow.jp/usa/school/

2011年10月 ファッションの名門校であるニューヨークのパーソンズ美術大学(パーソンズ・スクール・オブ・デザイン)に留学

『ダナ・キャラン』『アナ・スイ』・『マーク・ジェイコブス』といった世界で活躍するデザイナーたちが学んだ学校としても有名なんですよ!

2012年5月 マリエさんはパーソンズ美術大学のプログラムである6ヵ月間の社会人向けのコースを修了。

2021年7月21日に自身の公式ブログで帰国したことを報告しています。

マリエさんがパーソンズ美術大学に留学したいきさつ

マリエ 44出典 出典 https://www.oricon.co.jp/

 

当時、両親に進学を進められたマリエさんはモデルになりたかったので「私はデザイナーになりたい」と嘘をついたのがパーソンズ美術大学に留学したきっかけなんです。

マリエさんの母は(マリエさんがモデルになりたいと言うと)「せっかくいい学校に入学させたのに」と泣き、夢を大事にする父でさえ「大学までの人生プランを報告しなさい。それ次第で考える」と怒ったので仕方なくデザイナーになると言ったことがブランドを立ち上げる発端なんですよ。

「洋服が好きだから、高校を卒業するまでにお金を貯めて、ニューヨークのパーソンズに行ってデザイナーになる。今の学校じゃファッションを学べない」と伝えると父は一言「頑張れ」と言ってくれたそうです。

マリエの経歴 ファッションブランドPMD設立(2017年)

2017年6月 マリエさんは自身の名前をブランド名として『パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS) a.k.a PMD』を設立。

株式会社ヘル・オブ・ヘブン代表取締役として経営管理をしながら、デザイナーとして服を作っています。

マリエ2出典 https://www.wwdjapan.com/

マリエが起業するために乗り越えてきたこと

マリエ22出典 https://www.wwdjapan.com/

マリエさんは2006年から2011年までセレブアイドルとして活躍してきたけど、病気や精神的な問題を抱えていていたといいます。

処方箋の服用と喫煙やアルコールにひたるような生活を送っていたけどファッションと真剣に向き合うことで立ち直ることが出来たと明かしていますね。

マリエ 関連情報

マリエさんの関連情報はこちらで紹介しています。ぜひご覧ください!

マリエはヘルオブヘブン代表&デザイナー!環境省アンバサダー就任について

まとめ

マリエさんはヘルオブヘブンの代表取締役として社会的にも責任ある立場にいながら15年前の『枕営業疑惑』という出来事を公表するのはとても勇気のいる決断だったはず。

マリエさんはインスタライブで『枕営業疑惑』を公表した理由について男女平等の未来を築くためと公表していますね。

そんなマリエさんの芸能活動経歴と現在の会社代表にいたるまでを時系列で紹介しました!

これからもマリエさんを応援していきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました