マリエはヘルオブヘブン代表&デザイナー!環境省アンバサダー就任について

スポンサーリンク
マリエ ヘルオブヘブンアイキャッチ
スポンサーリンク

2017年6月 マリエさんは『パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS) a.k.a PMD』を設立!

ブランドオーナー&デザイナーとして自分で作った服を世界中に発信しています!

人生はファッションという真剣なまなざしは素敵な女性の魅力に輝いていますよね。

株式会社HELL OF HEAVEN(ヘル オブ ヘブン)代表取締役であるマリエさんの会社経営やデザイナーとしての日常のワンシーンやポリシー、そして環境省アンバサダーについて紹介しますね!

スポンサーリンク

マリエ ブランド【パスカル マリエ デマレ】

マリエショップ

マリエショップ1マリエショップ2出典 PASCAL MARIE DESMARAIS

 

マリエさんはモデルになるという夢をかなえるために教育熱心な両親に進学をあきらめさせる必要がありました。

その時、マリエさんは「デザイナーになる」と嘘をつくことで両親を納得させることができたのですが、モデルを続けるためにとっさについたはずの嘘が、いつしか本当の夢になっていったのです。

2011年10月 ファッションの名門校であるニューヨークのパーソンズ美術大学(パーソンズ・スクール・オブ・デザイン)に留学、プログラムは社会人向けの6ヵ月間コースを受講し2012年5月に修了、日本に帰国して起業に向けての活動を開始!

2017年6月 マリエさんは4年間の準備期間を終えて『パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS) a.k.a PMD』を設立して念願のブランドオーナーに!

ブランド名はマリエさんの本名が由来! 意気込みを感じますね。

経営者として、そしてデザイナーとしてのマリエとは?

マリエ88出典 https://www.wwdjapan.com/

マリエさんの会社 ヘル オブ ヘブンはまだ規模が小さいので材料の調達も大変とのことですよ。

日本の上質な生地を使いたくても一反だけの小売りはしてくれないというのが現状…。

マリエさんはそんな状況を乗り越えるべく生地屋さんに自分で電話して出向くと「偉い人出してください」って直接交渉をします!

マリエさんが一生懸命説明すると生地屋さんは「そんなにうちの生地が使いたいのか。そんなに言ってくれるなら一反でもいいよ」と引き受けてくれることがあるそうです。

縫製(ほうせい)工場ではデザイナーであるマリエさんに対して職人さんが「俺たちの技術を使えるようになるまで頑張れよ」と応援してくれるそうですよ。

そんなときマリエさんは「自分の仕事に一切妥協しない職人さんたちを相手にするんだから自分も本気で挑戦しないとダメ」と自分に気合を入れるそうです!

会社の代表として、そして一流のデザイナーを目指して一歩一歩前進していくマリエさんの姿に共感を覚えるのは私だけじゃないはず。

マリエ ブランド【パスカル マリエ デマレ】のコンセプト

マリエ ブランド【パスカル マリエ デマレ】のコンセプトはオーガニック&高級品質!

アルパカ100%のニットはオーガニックアルパカの毛を使用、ファスナーはスイスの『riri』の最高級ラインのモノを採用。

生地は自分で何度も洗濯し色抜けの少ないものを選び出すという徹底ぶり。

さらにマリエさんは「どんなに素晴らしいモノを作っても劣化してゴミになるなら、できる限り良いゴミを作り出したいって思って。タグやラッピング袋などもコーンスターチでできた土に還るモノを使用しています。エシカルなプロダクトに賛同してくれる人が手に取ってくれたらうれしいです」と語ります

マリエさんの経営方針は『サスティナブル』

サスティナブルとは『地球の持続可能性を向上させる』『地球にやさしいという』という意味です。

すべての人の生命に直結する地球の健康状態を改善させることをビジネスのコンセプトにすることは本当に素晴らしいことですよね!

地球を守るというマリエさんの強い意思を感じますね!

マリエさんの地球環境を改善する活動は国際連合が主導するSDGs(持続可能な開発目標)と同じ目的でもあるんですよ。

地球環境や男女平等な未来を目指して行動を起こしているマリエさんは本当にかっこいいですよね!

マリエさんの関連情報はこちらで紹介しております!

マリエの告発と枕営業の真相とは⁉レジェンド芸人島田紳助&出川哲朗!

マリエが枕営業疑惑を公表した目的は男女平等な世界を築くため⁉出川哲朗の支持率はどうなる⁉

マリエの枕営業疑惑はいつ頃?芸能経歴と起業までの時系列について

マリエ 『つなげよう、支えよう森里川海アンバサダー』

マリエさんは環境省の「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトのアンバサダーに任命されているんですよ!

「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトは国際連合が主導し世界中のすべての人が参加するSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための計画の1つです。

一人ひとりが森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと。そしてその恵みを支える社会をつくることです。

環境省 森里海川プロジェクト
マリエ132プロフィール
株式会社HELL OF HEAVEN代表取締役/ Pascal Marie Desmarais デザイナー/ ラジオパーソナリティー

2011年のアメリカ・ニューヨークのパーソンズ美術大学へのファッション専攻留学を契機に、2017年6月、自身がデザイナーを務めるブランド『PASCAL MARIE DESMARAIS (パスカル マリエ デマレ)』を設立。

デザインは基本的に『ジェンダーレス』。ファッションの観点から環境問題にも積極的に取り組み、工場や職人など生産者の声に耳を傾けるために全国を飛び回っている。

J-WAVEにて2016年より『SEASONS』(毎週土曜12:00-15:00)にてナビゲーターを務めており、20~50代まで様々な層にメッセージを発信している。

出典 環境省 つなげよう、支えよう 森里川海プロジェクト

まとめ

マリエさんが経営する株式会社ヘル オブ ヘブンと『枕営業疑惑』のインスタライブに同席していた芝原正博さん、そして環境省アンバサダーについて紹介しました!

マリエさんは自分の大好きなファッションを仕事にしながら地球環境の改善や男女平等な社会を築くための活動をおこなっています。

そんなマリエさんをこれからも応援していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました