オーガニック菜園の品質を高める発酵型微生物を育てる方法とは

スポンサーリンク
オーガニック菜園の品膣を高める発酵型微生物を育てる方法とは
スポンサーリンク

家庭菜園は自然に触れることのできる趣味ですが土に触れることは体にとても良い効果が得られると言われていますよね。

菜園に訪れる鳥はとてもかわいくてうれしい気分にさせてくれます。

そして自分好みの野菜を栽培することで食べて楽しむこともできます。

野菜を生産することで食費を抑えることができるので利益を生み出すこともできてお得ですよね。

これから家庭菜園をはじめる人やもう家庭菜園をしている人も化学物質に触れさせていない土地させあれば本格的なオーガニック野菜を栽培をする格好良いプロフェッショナルになることができます。

それを可能にするのは発酵型微生物です。

 

土に発酵型微生物を育てることで土地は健全な農地となりヨーロッパのような世界最高レベルの農産物を栽培することができます。
そのような野菜は貴重性が高くとても価値があります。

 

本格的なオーガニック野菜は栽培できる人はとても少ないのいで貴重な存在ですが知識も技術も難しいことないうえに多くの資金を必要としないので化学物質に触れさせていない土地があればどなたでもオーガニックのプロフェッショナルにることができます。

 

 

それを可能にするのは発酵型微生物です。
この記事では世界最高レベルのオーガニック家庭菜園の農地を作ってくれる発酵型微生物の育て方をお伝えします。

 

コウスケ
コウスケ

この記事を書いている私はオーガニック農業歴5年、有機JAS有機農産物生産行程管理を2年間担当してます。

 

スポンサーリンク

発酵型微生物は植物の食料であり農産物の品質を高めます

植物の新根を持つ手

野菜、穀物の苗や農産物は植物であり、植物の食料は微生物です。

野菜、穀物の苗が食べる微生物の種類によって農産物の品質が決まります。

そして発酵型微生物は農産物の品質を向上させるのです。

 


 

【関連記事】 世界最高クラス オーガニック菜園の農地を育てるのは発酵型微生物


発酵型微生物を増やす方法

大きく育つ手の中の植物j

最初に1度だけ土を混ぜます。その必要があるのは次の2つの状態です。

1 地面の土の状態が固い、もしくは粘土質である場合

2 すでに家庭菜園として使用していて農薬や肥料を使用している場合

これらの場合は深度20cm~80cmの位置に硬盤層がある可能性が高いです。

硬盤層は大地が水を浸透させる機能を妨げます。
大地に水が停滞する状態は生物が生きる環境には適さないので硬盤層を破壊することは健全な農地の成長を早めます。

 

硬盤層は地面の中にありますが腐敗しているため土なのに腐敗臭があり、とても固く水も通さないのですぐ確認することができます。
(腐敗硬盤層の厚さは最大で80cmです)

腐敗硬盤層を壊すことで農地の環境を改善しますが必要な労力がない場合はおこなわなくても大丈夫です。
地表からに土を改善していくことで健全な農地を作っていきましょう。

発酵型微生物に食料を与える

発酵型微生物の食料としての植物は分解されていない状態で与えます。

 

資材としては野花や落ち葉、枯れ枝のチップという炭素を多く含む植物を使用しますがこれらは炭素を多く含んでいるので高炭素資材と呼ばれています。

 

農地の炭素率(C/N比)を調整しながら投入していきますが農地の健全性は栽培する農産物の状態が教えてくれるのでとても理解しやすいですよ。

 

農地が健全であれば農産物は美味しくて、虫にも食べられることはないので見た目もきれいで活力に満ちています。
農産物がその状態になるまで農地に高炭素資材を投入していきましょう。

 

世界最高クラスのオーガニック家庭菜園の作り方とは農地において発酵型微生物が個体数を増やし活発な活動をするためのサポートをおこなうということなのです。

 

世界最高クラスのオーガニック農産物を栽培するに化学物質に触れさせていない野花、落ち葉、枯れ木という高炭素資材を入手しましょう。
これらの高炭素資材は販売されてはいませんが自然環境で無料で入手することができますのでお金は必要ありません。

 

補足となりますが発酵型微生物の食料となるこれらの高炭素資材は未分解のそのままの状態で農地に投入して使用するので肥料や堆肥は分類されません。

肥料の使用目的は農産物の肥大化ですが高炭素資材の使用目的は土の改良です。
高炭素資材によって活性化した発酵型微生物は土の状態を改善させることができるのです。

高炭素資材の使用方法

高炭素資材の使用量

まず、落ち葉、枯れた植物、枯れ枝のチップという高炭素資材の使用仕方について説明します。

高炭素資材は畝を覆うように設置します。

 

炭素資材を使用量の基準は1年間に1m×1mの面積にたいして100kgですがそれよりも少ない量であっても大丈夫です。
(目安として畝全体を覆うくらいの量の高炭素資材を投入します)

 

 

大切なことは継続して資材を農地に投入することです使用することです。

それでは農地に高酸素資材を継続的に投入するパターンを2つ紹介しますね。

パターン 1

2か月に1度ずつ資材を投入する

パターン 2

秋は落ち葉や枯れ枝が豊富で入手しやすいです。
高炭素資材を農地に投入する時期を秋にすることで簡単に継続することができるでしょう。

山で落ち葉や枯れ枝を手に入れる場合は事前に管理人や役所に確認をすることで安全におこないことができます。

高炭素資材の投入方法

畝の上に高炭素資材を敷き詰めたら地表から5cmの深さで土とかるくなじませるように混ぜ合わせます。

イメージとしては畝で高炭素資材を土で覆います。

土と高炭素資材を混ぜ合わせる土の深さは5cmなのですごく浅いのですがその理由は酸素が届く距離だからです。

高炭素資材は酸素に触れさせておくことで腐敗しない状態を保つことができます。

そして発酵型微生物はその位置で生きているので高炭素資材は食料として最大限に効果を発揮します。

 

肥料や堆肥を与えない

肥料と堆肥の種類には動物性、植物性、化学物質に由来する製品がありますがあらゆる肥料は農地を腐敗させます。

 

腐敗環境では発酵型微生物は死んでしまい腐敗型微生物を増殖させてしまうのでどのようなものであっても肥料や堆肥は使用しません。

化学物質を使用しない

化学物質は生物にダメージを与えます。

化学物質を農地に使用するを発酵型微生物は死んでしまいます。

化学物質は農地の健全性を低下させるので使用はしないようにします。

発酵型微生物の活動を活発化させる方法

発酵型微生物も人と同じで酸素呼吸をしているので酸素を取り入れることができないと数秒で死んでします。

それでは発酵型微生が酸素呼吸できる環境を維持するポイントを3つお伝えします。

農地に丘畝を作る

農地において畝とは野菜、穀物の苗を植えて育てるエリアのことです。
(農地には畝のほかに通路や資材置き場などのエリアがあります)

畝の種類には平畝、高畝、丘畝がありますので説明しますね。

 

平畝や高畝のは平均的な高さが5cm~30cmで幅は50cm~150cm程度です。

そして一番の特徴は低い土の土台なので壊れやすく毎年作り直す必要があるので労力的に大変な栽培手法と言えますよね。

 

そしてもう一方の丘畝の特徴はかまぼこ型の頑丈な形です。

形状は丘そのものなので壊れることはないので作り直す必要はありません。

丘畝の高さに上限はないので自分で自由に設定できます。
この特徴は農地にとってはすごく有効的です。
たとえば水位が高い地形は土が湿っていて生物の生育には不向きなのですが丘畝の高さを調整することで水位を下げることができます。

平均的な幅は1m~5mなので農地の幅が5m以内なら農地の形状は1つの丘ということになります。

そして丘畝の特徴は壊れることがない限り作り直さないということです。
世界最高クラスの農地を作る手法は丘畝に発酵型微生物を育てることなので丘畝の土はは一度作ったら大切に改良し続けます。

 

農地に排水路を作る

農地に水が溜まると発酵型微生物はすぐに窒息してしまいます。

発酵型微生物が常に酸素呼吸ができるように大雨が降っても農地に水溜りができないようにする必要がありますので、畝の外周に雨水を流し出す排水路を設置します。

排水路の作り方は農地の形状と勾配を確認して水の流れに沿って地表に溝を作ります。

 

雪が積もる地域は積雪前に農地の丘畝をビニールシートで被う

 

農地に降り積もる雪は溶け出すと水を含んで重くなり大きなを負荷を与え続け、
そして長時間にわたって農地を濡らし続けることで発酵型微生物は死んでしまいます。

 

対策としては落ち葉や枯れ枝が豊富な秋に高炭素資材を畝に投入して、
その上からビニールシートで覆うことで水によるダメージを防ぎます。

 

そして雪が融けて春になるとビニールシートに穴を開けて野菜、穀物の苗や種を播いて栽培をおこないます。

 

ビニールシートは透明マルチングシートという農業用資材を使用します。

まとめ

唐辛子2

化学物質に触れていない土地、そしてその土地に発酵型微生物を育てることで世界最高レベルの本格的なオーガニック農産物を栽培することができます。

健全な農地があれば健全な農産物を栽培することは簡単であり、
野菜の生育環境さえ整えることができればあなたのお気に入りの野菜を生産して頂くことができます。

自分で栽培するという高レベルで楽しいオーガニックライフをお楽しみください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました