イギリスオーガニック食品と日本の食品 それぞれの成分の目的とは

スポンサーリンク
イギリスオーガニック食品と日本の食品 それぞれの成分の目的とは
スポンサーリンク

わたしたちは食事をすることで大切な体を維持していますよね。

多くの人が食品の成分に注目している理由は健全な食品は人の健全性を向上させることを知っているからです。

そのために食品の成分を知ることはとても重要なことですよね。

この記事では食品に含まれる成分の中でも食べてはいけないといわれている硝酸とトランス脂肪酸について書いています。

理解しやすいように日本の一般的な食品とイギリスのオーガニック食品を比べて2つの国では硝酸とトランス脂肪酸をどのように管理しているのかお伝えします。

食品の成分を知ることで安心して食事をとることができますよね。

 

コウスケ
コウスケ

この記事を書いている私はオーガニック農業歴5年、有機JAS有機農産物生産行程管理を2年間担当してます。

スポンサーリンク

イギリス 世界最高クラスのオーガニック農産物の成分

 

サラダボウル2

化学物質が入っていない

世界最高クラスのオーガニック農産物とは化学物質を使用していないため野菜や穀物の成分に化学物質を含んでいないため化学物質を食べることを防ぐことができます。

野菜や穀物は主食となる食品ですので健全性の高いものを選んで食事をすることで体の健全性を高めることができるのはうれしいですよね。

野菜や穀物の成分に含まれる硝酸が少ない

硝酸は人が食べることで体の中で亜硝酸に変化します。
亜硝酸は強い殺菌剤や防錆剤としての性質がありますので人の体内に入ると毒性のダメージを与えます。

実は硝酸は野菜の成分にも入っていてその理由としては野菜の栽培に使用する化学物質と肥料、堆肥が関係しています。

世界最高レベルのオーガニック農産物にとって化学物質も肥料や堆肥も不必要なので野菜の成分に含まれる硝酸も少ないので安心ですよね。

野菜の成分に含まれる硝酸の量は野菜の栽培手法によって決定されますのでヨーロッパでは人々の健康を維持して守るために野菜の成分の硝酸の量を厳しく制限しています。

たとえばヨーロッパでは野菜の成分に含まれる硝酸は上限レベルが決められていて管理されていてホウレンソウでは内容成分に含まれる硝酸の上限は3,500mgまでと制限されています。

この数値を超えたホウレンソウは健全性の基準に達していないので食品とは認められていません。
食べてしまうことを防ぐために流通することは止められています。

ヨーロッパ諸国の政府と人々の健康を守り向上させるという意志の強さは素敵ですよね。

日本は野菜の成分に含まれる硝酸を制限していません

化学物質

日本は野菜に含まれる硝酸の成分を制限していないため食べることでどのくらいの硝酸を体の中に入れているか確認することができませんよね。

生の状態で野菜を食べるとより多くの硝酸を体内に入れてしまうことになります。
そのために硝酸の成分を少しでも除去するためには食べる前に1度ゆでてあくぬきすることが有効的です。

 

何よりも硝酸が少ないのは無農薬、無肥料で栽培されている野菜ですのでできるだけ多くの人に食べていただきたいと思っております。

世界最高クラスのオーガニックを知って健全な食品に敏感になる

オーガニックの聖地はイギリスであり、100年の歴史があります。

オーガニックの母と言われるレディ・イブ・バルフォアが創立者であるソイルアソシエーションは世界最高クラスのオーガニック認証機関としてとても有名です。

イギリス公認の非営利団体として健全な農産物の世界基準を示してくれています。
健全な食品を選ぶことの重要性、そして自分と大切な人を最高に健全な食品を利用することで守り愛することを教えてくれています。

 


世界最高クラスのオーガニック農産物の成分と日本の食品の成分を比較することで健全な食品の基準は簡単に理解できますので紹介いたします。

【関連記事】オーガニック(有機農業)を理解する3つの本質を説明します


日本の食品があやうい理由

化学物質2

日本は食品の成分を表示しない

日本は販売する食品の成分は表示しないことを認めているので食べるのとで体にどのよう影響があるのか予測できないという状態になっています。

 

理由の1つとしては日本では食品の価値を決定しているのは市場であるということが言えるでしょう。

 

日本は食品の価値である味、食感の低下と腐敗をおさえるために人工的な処理をしているのですがそのために使用しているトランス脂肪酸という成分は食べることで人の体に毒性のダメージを与えます。

日本は食品にトランス脂肪酸を入れています

食品の成分の1番の価値は人の生命を維持することですが、
2番目の価値は味、食感、賞味期限などがありますよね。

日本の市場は食品の価値である味や食感を低下をおさえて賞味期限を長期化するために人工的な処理をおこなっています。

その方法とはトランス脂肪酸という植物油を食品の中に入れることです。
トランス脂肪酸は食べることで人の体に毒性のダメージを与えます。

日本は食品の鮮度の低下をおさえるために毒性の成分を食品に入れることを認めているのでわたしたちは自分や大切な人を守るために食品の成分の知識を身につけていきたいですよね。

トランス脂肪酸の成分とは

WHO世界保健機関では1日に2g以上食べると健康を低下させると伝えています。

日本で製造されて販売されている多くの食品はトランス脂肪酸の含有量は2gをはるかに超えています。

世界の多くの国ではトランス脂肪酸を食品の製造に使用することは禁止、もしくは規制しています。

トランス脂肪酸は食べるプラスチックと言われています。
とても消化しにくい成分として新陳代謝を低下させますからできるかぎり食べることを避けたいですよね。

トランス脂肪酸という植物油を含む食品を知ることで食べることを避けることができると思いますので紹介しますね。

マーガリン

植物油脂

ショートニング

加工油脂

 

大切な体を守るためには食品の成分を見分けることが重要ですが日本は食品の成分表示を義務化していません。

これらの成分が入っている食品はトランス脂肪酸を含んでいるので食べることは避けたいですよね。

食品の成分を表示することで人は健康を守ることができます

世界の多くの国は販売する食品の成分を表示することは市民の健康を守るための義務としています。

 

そして世界の多くの国では食品にトランス脂肪酸が含まれている場合はトランス脂肪酸という成分の表示と含有量を明記されています。

 

たとえばアメリカで販売されている日本製造の食品は体にマイナスな影響を与えるということが表示されています。

アメリカはすべての食品の成分を表示することで人々の健康を守るという義務を果たしているといえますよね。

日本もはやくすべての食品の成分を表示してほしいですよね。
そうすることではじめて日本の人々は体にどのような影響のあるものを体内に入れているのか確認できるようになるのですから。

まとめ

 

女性のシルエット2

世界最高クラスのオーガニック農産物を生産するイギリスは食品の成分の目的は人の健康を向上させることであると伝えています。

 

食事の目的は生命の維持であり食品の目的は健康のためになる成分であることですよね。

 

日本は食品の市場価値を高めるためにトランス脂肪酸という毒性の高い成分を使用して食品を製造しています。

 

それによって食品の味、食感の低下と腐敗をおさえてていますがみんなが食品の成分に求めているのは体を健全に保つ成分ですよね。

 

日本では平均寿命が長くなっているのに健康寿命が短くなっているのは食品に含まれている成分が関係しているといわれています。

みんなが自分と大切な人の体を守るために食品の成分をしっかりと見分けられる情報をこれからもたくさん伝えていきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました